ここはこのページの先頭です

LPガスご利用について

ガス漏れ警報器のご使用に当たって

1警報器が適切な位置に設置されているかを確認しましょう。

 LPガス用のガス漏れ警報器は、右の図のように床に近い場所に設置されていますか。
  誤った設置位置ではガス漏れを感知しませんので、警報器の設置場所を確認しましょう。

2警報器の電源プラグは常時コンセントに差し込んでおきましょう。

 警報器を設置しているにもかかわらず、電源プラグが抜かれていたため、ガス漏れが感知されず、発見が遅れたり、事故が拡大したケースがあります。
 警報器は電源が入っていないと作動しませんので、電源プラグは常時コンセントに差し込んでおきましょう。

3警報器が交換期限内のものかを確認しましょう。

 警報器の交換期限は5年です。
 交換期限を迎えていないか確認し、期限が過ぎる前に、 当社事業所までご連絡ください。

※交換時期は西暦年4桁の数字で表示
※ラベルの形状、大きさ、色はメーカーにより異なります。

4警報器のまわりにものを置かないようにしましょう

 警報器のまわりにものを置いていると、ガス漏れを感知しにくくなります。
 警報器のまわりにものを置かないようにしましょう。