ここはこのページの先頭です

LPガスご利用について

CO中毒事故防止のために

 次のことにご注意ください

小型湯沸器をご使用の方へ

1小型湯沸器を使用するときは、忘れずに換気をしましょう。

 小型湯沸器は、コンロの3~4倍のガスを消費するので、たくさんの空気を必要とします。

2屋内に設置されたガス瞬間湯沸器の再 点火操作に関する注意!

 屋内に設置されたガス瞬間湯沸器については、点火の後、自動的に消火する現象が繰り返し発生する場合には、再点火は行わないでください。繰り返し点火操作を行った結果、不完全燃焼による一酸化炭素中毒事故で、死亡したケースがあります。
 ただちに使用を中止し、当社事業所までご連絡ください。

3小型湯沸器から直接お風呂への給湯やシャワーとして使用しないでください。

 小型湯沸器は、長時間使用すると大変危険です。
 食器洗いなど、台所専用としてご使用ください。

4ときどきは、フィン(排気部)の目づまり にも注意しましょう。

 湯沸器のフィンが、ほこりや油などで目つまりしていると酸素が十分に供給されず、不完全燃焼を起こすことがあります。

フィンの点検は、当社事業所へご依頼ください。

排気筒(煙突)のあるガス風呂釜をご使用の方へ

1排気筒がずれていたり、外れたまま絶対に使用しないでください。

 排気筒がズレたり、外れたまま使用すると、燃焼排ガスが屋外に排出されず浴室内にたまり、酸欠から不完全燃焼を起こしCO中毒の原因となります。

2排気筒の中に鳥が巣をつくっている場合もあります。

 巣が排気を妨げ、不完全燃焼を起こすことがあります。心配があるときは当社事業所にご相談ください。

3ワンルームマンションなど密閉性の高い住宅では、
   風呂釜と換気扇の同時使用に注意しましょう。

 空気を外から取り入れないで、風呂釜と換気扇を同時に使用すると、室内が負圧の状態となるため、排ガスが逆流しCO中毒を起こすことがあります。