ここはこのページの先頭です

バリバリ通信

ラクうま!逸品レシピ 

掲載日:2010年12月

カレイの唐揚げぎんあん仕立て

プロの技、「立て塩」で下味をつけ、ぎんあんで上品な割烹の味。

料理写真

エネルギー(1台あたり):約178kcal

材料 (4人分)

カレイ切身 4切れ
塩・小麦粉・三つ葉 各適量
揚げ油 適量
ぎんあん だし汁 1&1/2カップ
  酒・みりん・薄口醤油 各大さじ1
  小さじ1/4
  片栗粉 適量
 

作り方

  • ボウルに水2カップを入れ、塩小さじ4を溶かして、カレイをつけて30分おく(立て塩)。
  • 【1】の水気をきれいに拭き、小麦粉を薄くまぶして170℃の油でカラリと揚げる。
  • 鍋にぎんあんの材料を入れてひと煮立ちさせ、倍量の水で溶いた片栗粉でとろみをつける。
  • 【2】の魚にかけ、4cm長さに切った三つ葉を散らす。
海水程度の塩水に魚をつけることを、「立て塩」という。魚にまんべんなく塩味がつき色ツヤもよくなり、その魚のもつ臭みも落ちます。